2019年4月8日月曜日


ことしはじめてのDJにお呼ばれしました。


- Contra Bonos Mores -

4/24(wed)
koiwa bushbash

live:
Merzbow
Granule
Bleed boi

dj:
ヤマベケイジ
AKIRAM EN
Dirty Dirt

flyer:
HIKARI(Granule)

open/start19:00 charge2000(+1d order)


カセットで、っていうのももうとかおもいなやみはじめて、でもこちらからカセットとったらただのメガネの髪長いおっさんでしかないんで、もうDJはやめようかとか、ここにもかいてましたけれども、なんか声がかかる限りはやるべきかなという心持ちになりまして。なので、カセットもつかうけれどもカセットばっかりっていうかんじにはならないです。
ライブ側の轟音から逃がれてきたひとたちを不意打ちで殴りつけるみたいなのでいこうとおもいます、よ。
Merzbowは8年くらいまえにライブみましたね。意外と音源ひとつも持ってない。むしろ普段買い取る古本に秋田昌美名義の文章にはよくふれるけれども。

GranuleとBleed booといっしょなのがうれしい。
object blueがよすぎた。
CDJ3台つかって、うわ音はゆったりめ、そこにはやいビートあわせたり、そこどうやってあわせてきたっていうくらいに絶妙なあいまにまた他の曲の声をいっしゅんいれてきたり、おもいっきりテクニカルとおもいきや、かなり大胆に曲にビートに重ねてきて、めちゃくちゃにおもしろかった。
どうやってるのかかなり不明で、本人がちょっと説明なツイートしてたけれど、すごいな。


土曜のフリーレイヴはおもいっきりきになりながらも、前回いったとき、ぴーぴーまわりで笛がなりまくって精神が不安になり、朝まで無理ってなって、終電で帰ろうとしたら目の前でドアーがしまって途中までタクシーで帰って歩いてかえったってう経緯があるので、控えました。スペイン坂の下のほうまで並んでるのをみて、あぁ、やっぱり無理だってなった。チルのほうがめちゃくちゃ気になりながら。
毎週なにかしらにゆくけど、基本パーティーはニガテっていう、意味わからないかもしれないけれども、そういう場でもかなりまじめに音をきくっていう、もう老害ですよね。

2019年4月4日木曜日

星川が。
Netflixにはいってるので、わたしもみせてもらってるんだけれど、アニメばっかりで。
半年くらいでいろいろとみて。でも、いきづまってしまった。みたいかんじの、みてしまったかんじ。


これまで最後までみたもの

攻殻機動隊シリーズぜんぶ
ブラム
カウボーイビバップ
東京グール
東のエデン
少女革命ウテナ
コードギアスシリーズ
甲鉄城のカバネリ
サムライ7
クロムクロ
キルラキル
ダーリンインザフランキス
Tiger & Bunny
Double Decker
Blood C
ヨルムンガンド
ブラックラグーン
パトレイバー
サイコパス
ベルセルク
ID-0
ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom
重神機パンドーラ
天狼
A.I.C.O.
revisions
B the Beginning



いまつづいてるのでみてるのが

ブギーポップは笑わない
ジョジョ


途中でやめたもの
ソードアートオンライン あわない。きっと最近のライトノベルもとのんはあわない。
エウレカセブン ひとの顔の絵がニガテ

こんなかんじで、なんかほかみるものありますか?
海外ドラマをなんどかみようとおもうも、ストレンジャーシングスを一回もみてない。THE OAは前のシリーズのはじめの回だけみてはいりこめず、先へすすめない。

映画は新感染だけみた、っていうので韓国ドラマという手があったけれども、あんまりみたいのがなさそう。

ひさびさにかいたのに、音楽のはなししろよっていうね。

2019年4月3日水曜日


先週の土曜日は。
Baticaでの幻へいってきました。

Baticaはちょっとニガテでほんと何年ぶりかしらくらいな。
その前に星川と没の展示へいったらLSTNGTがきててはなせてよかった。

翌日が小岩総出なイベントなため、誰もこないんだろうなとおもったらやっぱりこなかった。
はなしができるひとがLeのイイリくんしかいない状況。
あとは玉名ラーメンがきてて、すごいなとおもった。

したのDJのところでいきなり1曲TYOGhOSTがラップしはじめてびびった。

Le Makeup。
年末のマサカーではDJだったので、ほんとライブをみられるのはひっさびさ。
まえみたのはうたうのか、ってなってたころで。いまやかなりうたの曲ばかりで。ギターの音と、声がいい。
ラップトップから音を流して、マイクな音をすこしだけいじりながらっていうかんじだけれど、ほぼ音源なままな声。本人にきいたら、あまり声が好きではないといってたけれど、いい声だとおもう。
おおよそつぎのgokou kuyt目当ての女の子たちが前2列くらい占領してた。
歌のあいまに1曲だけ、まえやってたみたいな韓国語サンプリングなビートの曲もあって、それもよかった。


gokou kuyt
Laptopboyboy曲きkったのでうれしい。マサカーのがよかったSleet Mageもでてたね。


このあいまのTacomaのDJが好きすぎた。トラップだけでないしIC3PEAKとかロシアのもかかったり。

Ace Cool
ようやっと。きょねんかなりきいた。
スーツにサングラス。サイドの髪をちょこっと立ち上げてるのが謎。
はじめっからやばい。かなりな声量だし、ときどき叫ぶかんじだけれども、それでも高速だし、すごい技術。
Batica調子どうですか!!!ってかんじでMCも怒鳴ってる感。
Brainでめっちゃ好きになったのできけてうれしい。Rageのはじめは、音なしでななかラップして、それがやばかった。
TYOSiNと鏡花水月きけて最高だ。

TYOSiN。
このまえのBLOCKは身内の不幸でゆけなかったので、その分とりかえせるくらいによかった。
いままでみたなかでいっとう近い。
Mira、Dancing Enemies、Hype、FTP、Lost、SacrificeってBLOCKでみるより曲数多め。
客層もBLOCKだよね。LOSTが好きすぎて、泣く。


TYOGhOST
はじめTYOSiNとふたり。このふたりでの曲やってるころからBLOCKいってるので、このふたりの並びはうれしい。
ベートーヴェンも好き。日本人だとはしごをはずされる、ってくりかえさないところとか、ことばのよさ。
なぜかエアーコンとまって、めっちゃあつく、そのなか暴れまわってて。よかった。

したおりたら、いつのまにきたのかカトーさんいた。あとおひあなさんも。ライブのときほぼ最前にいたので気付かなかった。ガーデンさん情報もきけた。


ふらっふらで帰って少し寝て労働だったけれど、いけてよかった。雰囲気もよかったし。GladよりもBaticaのほうが居心地はよい。
帰り道、じぶんで撮ったLOSTの動画みて、また泣く。

2019年3月30日土曜日

3月終わりから4月5月と、いろいろありすぎてよくわからなくなってきてる。
きのうのWWWは夜中のだけ行くつもりだったけれども、ちょっと今週忙しすぎて、βだけでなくひろいほうも、つまりひとたくさんってかんがえてるとおじけづき、そんな迷いも意味なく終電にしごとがまったくまにあわず。
きょうは幻ゆきます

4月ゆくのは
object blue
Machine WomanとMarie Davidson
BLOCK
Eternal DragonzからもだしてたりBio Futureのコンピの3にも参加してた台湾のAo Wuくんもひっそりきょうから日本にいる。水曜の吉祥寺っていうのがなんなのかわからないけれどもちかいからいってみるか。
あとはけっこう労働でゆけない。あしたの小岩、TOKIO SHAMANとIN HAがゆけないのはほんきでつらい。IN HAのはなんとか交代できるかなっておもうも、翌日と交代ってなるので、無理…

かかないあいだに41歳になりました。
きっついですね、からだもなんかまわりへの存りかたも。
先週のTohjiが盛り上がって、ここぞとばかりにおっさんがいろいろいいだすのとかみてると、しんどいっておもうけれども、こちらもそのおっさん側だと忘れずに、こっそり端っこでいきてゆきたい。そしてそのおっさんたちにはTYOSiNは空気になってる謎とか。
高校のときからスニーカーはコンバースしかはなかいときめて実践してきましたが、あたらしいことをとおもい、ちがうところのを買いました。やわらかいし、軽いしで、歩きながらにやにやしてしまい気持ち悪くなってます。
25年間、固くて重くてすべる靴しかはいてこなかったのを後悔しています、よ。

カセットテープで、っていうのがじぶんのなかでちがってきて、無駄に悩んでたけれども、来月DJ再開です、というか声がかからなかっただけですけれど。
声をかけていただいてまっさきにかんがえたのは、その日のマサカーなんだろう、みたいひとだったらへっこむなっていう。

2019年3月19日火曜日

あまりにかかなすぎて、いざかこうとしても、なにか文字を打つ姿勢体勢首の角度からなんかおかしい、しっくりこないとなって、よけいにかかなくなる。なってた。
店のCDをつくりあいまに、リハビリ程度に。
もうストリーミングとかにしたほうがはやいけれども、いっとう集中して音楽きくので、週1回のBGMつくりはわたしにとってよい。

きょねんのはじめころ、唐突にVarg全部売ろう、とおもいDユニオンへ手始めに長いケースのカセットもってったら某ゲンくんが売ったときの半分くらいしかならず、びびって持ち帰ったんだけれど、最近また好きになってきたので売らなくってよかった、わ。
結果、カセットテープはいまだに1本も売らずに残ってる。あげたりはときどきするけれども。

ちょっとまえのニューエイジとかアンビエントのたくさんな記事をいろいろ読んだけれど、あぁ、ニューエイジとかアンビエントとかわたしは好きではないんだろうなとおもった。そういうのん、Visible Cloaksがきたときにもぴんとこなくって、ズレをかんじてたんだけれども、アンビエントっていうジャンルに位置付けられてもそうじゃあないのが好き。こういうことをいうときらわれる。

結婚してから、まるくなったというか、あれ好きではないとかあんまりかかなくなった。

よいこといっててもわるいこといってても、Twitterのしんどさがものすごい。ああいったものに情報と、脱力しか求めてない、とかいうと怒られるんだろうけれど、その怒られそうな雰囲気もしんどい。Avyssと、ひさんとのりぴのだけみてたい、わ。

IC3PEAKのん、レコード買っておけばよかったとおもいながら、T0C1SがDJでかけてて、やっぱり好きだなとおもいながら、データだけようやっと買った。

2019年2月1日金曜日

気づけば。
1月も今週で終わりと、あっという間にすぎてしまっていて、いまさらあけましておめでとうございます。
BNCが死んだので、一ヶ月に一回くらいまとめみたいなかんじなのをかいておかないと、流れてゆきそうなので、まとめみたいなこと。

正月。
岐阜、宝塚とふたりの実家ツアーから戻ったらインフルエンザでも扁桃腺炎でもないのに39度近い高熱が続く本厄らしい年のはじまり。なので、DARK JINJAで厄払い。
日曜日はまず労働を休めないんだけれど、1年に1回くらいはいいですよね。
全部が全部よくって。よすぎて、もうことしおわってもいいかなくらいに。よいお年を。
きょねんのベストのときにもかいたけれども、Soujくんの感覚っていうのが、いっとういま好きなところで、Demon SetoからYoshitaka Hikawaまでのまざりあい、そしてバランス。

動画は、Instagramに映像をのせてるのでさかのぼってもらえれば(最近Instagramにのせて終わってるので、ダメだ)

genomeはJayaが好きだった。はじめっからおわりまで、バッキバキな。イベントはまだ序盤だよ。
Demon Setoは客にかこまれてるなかの高速なラップで、映像とか音源よりも熱いかんじ。
Dirty Kはその直前のDemon Setoで1回死んでまともにきけてない。
そういうなかで、Noctilucentsがよかった。CDJで曲流しながら、エモーショナルな歌。で、なぜか終盤に高速な曲ばかりのDJはじめるっていうおまえもはやいのか、っていう。lIlIさんも全編歌ものでよかった。
Hikawaさんは中盤のメタルのようなギターな音から引っ張って最後に暴発するかんじがかっこよすぎた。
Shattered Formは音が厚くなっててさらに。あちらの雰囲気をしっかり吸収してきてて。
フォレストの記録更新195人っていう。Helmのときは再入場できないしくみで130で死にそうで、今回は出入りはできるっていうので195だけれど、つねにHelmなときくらいのかんじがあって、挨拶したっきり二度とあえないひと多数だった。
Genomeでちゃんとひとがはいっててっていうのは、うれしいこと。

BNCの冊子でDemon Seto宣言してたし年末にはロンドンから帰ってその足でゆくっていってたロッテンちゃんはまだロンドンにいた。
古川さんがきてくれたのはうれしいし、うちへ泊まってくれていろいろとはなせた。同年代なひとがなんかやってると元気をもらえる。
らるぷりくんはまさかその日のうちにかえるとはおもわなかった。


16日。
マサカー。
H.Takahashiさん、テーブルの低さと、なぜだか角っこでやってたりとか、ものすごいマイペース感がなごむ。
モントリオールから帰国してすぐなKazuki Kogaさん。Jesseつながりでつながってっていう。照明はかなり落としたなか、頭にライトつけて、かなり動きながら、テクノ、ノイズ、話し声のサンプリング、トラップまで構成がすごい、そして最後に機材に火を放つっていう。ライブのかんじが、モントリオールの濃いひとたちに囲まれてきてるかんじが伝わってきた。
そしてことしの脳Brainはじめ。脳Brain真ん前でカトーさんがウエイウェイいうてる姿をみるのが、わたしにとってもマサカー。おもいっきりとばしっぱなしかともいきやいきなり水音の静かな展開とか、いつもあたらしい挑戦をこっそりやってるのも最高。
わたしとしてはこの日くらいのひとのはいりかたが最高。


19日。
TOKIO SHAMAN
200人超ひとはいってるのか、かなりフロアがいっぱい。そのなか30オーバーっておおげさではなく10人くらいっていう。そんななかに高岡さん、カトーさんがいるのが。
たくさんでるので、休み休み。
HimikoでいっしょなOKBOYとDogwoods、映像でOKBOYのをみたときはむしろ好きでなかったけれど、ライブはよかった。トラックもいいし。
Iida ReoはpapaとかMVみたら泣くくらいにぐっとくるけれども、ライブでの立ち振る舞いとか、かなりいろいろまっすぐなかんじだし、英語と日本語でのはやいラップもいいし、よかった(来週マサカーでみられるのうれしい)

TYOSiNは碧の曲を全部きけたくらいで、BLOCKのときよりもむしろリリパみたいになっててうれしい。
Tohjiのとき、まえのほうにいすぎて、モッシュにまきこまれるという事態に。
釈迦坊主は美人だったな。新曲やるともりあがらないっていう、こういうところがお客さんの若さとか。


23日。

しー没の しゅつ没 をみに。
はいってちょっとしたら酔ってる没さんがよろめいて窓ガラスぶち破ってわらった。
絵はこれまでよりも紙の形状もかわったり連作っぽくなってたり、色味とひとつひとつの力強さが増してて、よいな。
これまでは買ってたけれども、35000JPYはすこしいまの生活ではきつかった。

マサカー。
近所に住んでらして、家でライブイベントやってはったMasahiro Takahashi。
家ライブなときよりも音のメロディがある曲おおくって、それがめちゃくちゃによく。
ウィンドシンセでTAKAOさんが参加してて、電子音楽なのに、ものすごいやさしいあたたかみ。最近、激しすぎる曲か、やさしい曲かっていう両極なかんじが好きになってる。 



25日。
池袋bedでは最後のBLOCK。
きょねんのわたしのなかでおっきなことってBLOCKにかよいはじめたことで。
おもいっきり外側のじぶんとかがきてもいい距離感でむかえてくれる場所で、むしろおちつくし、あの低音でトイレのドアががたがたいいっぱなしなのとか、はいるときの緊張感とか、あの場所のパーティーの妖精山ちゃん(フルネームさえしらない)が2回目ですでに笑顔でむかえてくれるかんじとか、ガーデンさんのをがっつりきけたこととか、若者はわかりやすくトラップの曲じゃあないと踊らなくって、むしろ外側のLSTNGT、Hegira Moya、CVN、土星のひとのみがフロアにいる状態があったりとか、なんかいろいろたのしかったな。小石川に住んでるときは池袋にはちょこちょこいってたし、あとはシネマロサか。今後いきてるあいだに池袋ゆくことあるんだろうか。

この日はTYOGhOSTがずっと攻撃的でよかったのと、TYOSiNはいろいろなのきけた。DJのときにうしろにあがってたときとか、よかった。
Midnight Societyのひとたちがふつうにいて、わっとなるし、ライブもすこしやってくれた。月光は労働でゆけないのですこしみれてうれしい。
トラックをつくってくれないかときた湘南の子達にもあえた。
LSTNGTが泥酔してるときはたいがいたのしいし、肝心なときにいなくなってるのが彼っぽさ。

30日。
マサカーいったけれども、ひとたくさんだし、荘子itというひとはDJだったしで、すぐに帰った。


みききしてきたライブのことはこんなかんじ。
年がかわっても労働の方はオーバーワーク気味。BLOCKの日は12時半に店へゆき、休憩なしひとりぎりで終電まで労働して、池袋いって遊んで始発で帰って7時まで労働。ほんきでそのうちぷつんと脳の血管がきれるとおもう(それでもいく)
日々なにしてるかっていうと、労働から帰って、星川を寝かしつけ、それから音楽をきき、あとはNetflixでアニメばかりみてる。ほんとアニメってみてこなかったので、きょねんなかばくらいからみまくってます。いまみたいな軽い意味ではない、わたしたちの世代でいうオタクっていうことば、存在が近いのに遠いかんじで生きてきた気がするので、アニメをみるのはとてもたのしい。ロボット的なものがでるとエヴァンゲリオンですらすぐに遠ざけてたけれど、いまはそういうのが好きになった。ガンダムはいまだにきらいだけれど。

年末に注文したものが結構届いたりして、音楽のこともかこうとおもってたけれど、また後日。